にきび跡の治療には美容外科のレーザーが効果的

優れた施術

人はいつまでも、生まれた頃のようなツルツルの肌でいたいと思うものです。しかし、紫外線対策を怠るとその思いも叶いません。きちんと対策していなければ、しみやそばかすの原因となり美白を損ねてしまいます。
しみやそばかすに限らず、にきび跡があり、肌にブツブツができて悩む人もいます。こうした肌トラブルを抱えているなら、美容外科を訪れてみてはいかがでしょうか。
美容外科では、レーザー治療が可能でしみやそばかす、にきび跡の改善をすることができます。
肌トラブルを改善するには、睡眠不足も大敵です。充分に寝ていないと、肌の老化も招くことになるので気をつけましょう。
特に夜10時から深夜2時の間は、肌のゴールデンタイムといわれていて、その間に睡眠を取っていれば肌の活性化が図れます。

レーザーは、光を照射して肌トラブルを改善します。赤みを持つにきび跡には、Vビームレーダーが使われます。
でこぼこしたくぼみのある肌には、炭酸ガスレーザーが使われます。このように、にきびの症状によって機械の使い分けが行われています。
でこぼこしたにきび跡に使われる炭酸ガスは、皮膚が持つ水分に反応してクレーター状になった肌を改善し、なめらかな肌質を実現させます。
Vビームレーザーは、毛細血管やヘモグロビンの働きを抑えて赤みの発生を目立たなくする施術です。
その他にも、色素沈着タイプのにきび跡にはヤグレーザーが使われ、メラニン色素の破壊を行い、にきび跡を目立たなくします。

便秘

にきび跡が作られる原因のひとつに便秘が挙げられます。便秘はターンオーバーの乱れを起こし、皮脂を多く発生させてしまいます。こうした便秘が原因のにきび跡にも、レーザー治療で改善が可能です。

Read more

有効成分

にきび跡には「ビタミンC誘導体」が効果的です。この成分は、ターンオーバーを正常に戻す効果があります。それだけでなく、コラーゲンの生成もしてくれます。レーザー治療と併用して行えば高い美白効果が期待できます。

Read more

保湿

にきび跡の対処法では、肌に保湿をすることが重要です。にきびができたときも、跡にならないよう保湿をこまめに行い肌に潤いを与えましょう。それでも跡が残るようならレーザー治療を行って改善を図りましょう。

Read more

食事

偏った食生活を続けていると、肌荒れを起こしやすくなります。ナッツ類やチョコレートなどは皮脂を増加させるので摂り過ぎに注意してください。栄養バランスに気をつけていればにきび跡を防いで、レーザー治療を受けずに済むでしょう。

Read more

ダーマローラーの治療

レーザー治療に限らず、にきび跡の治療は様々。「ダーマローラー」という施術では、極細の針がついたローラーを転がして肌の再生を図ります。針であえて肌に傷をつけ、その傷が治る過程でコラーゲンが生成され改善します。

Read more

塗り薬

にきび跡にはレーザー治療がおすすめですが、メスを使わないといっても抵抗を感じる人もいます。そうした場合は、塗り薬を処方してもらうとよいでしょう。「ディフェリンゲル」や「トレチノイン」などの塗り薬があります。

Read more